News & Topics

桑原裕子原作・映画『ひとよ』絶賛公開中!

桑原裕子原作の映画『ひとよ』が公開となりました!

白石和彌監督のもと、佐藤健さん・鈴木亮平さん・松岡茉優さん・田中裕子さんといった豪華キャスト陣を迎えて、KAKUTAの代表作である当作品が、どのように生まれ変わっているか映画館でご覧いただければ幸いです。

みなさまぜひ足をお運びください。

 

https://hitoyo-movie.jp/

 

桑原裕子原作・小説版「ひとよ」発売中!

2011年に初演、2015年に再演したKAKUTAの代表作、桑原裕子原作『ひとよ』の小説が発売されました。

映画公開に先駆けて、小説で『ひとよ』の世界をご堪能ください。

 

ーーー

小説『ひとよ』(集英社文庫)
作:長尾徳子
原作:桑原裕子
装画:agoera

桑原裕子原作・映画『ひとよ』11月8日(金)公開決定!
白石和彌監督の最新作として、KAKUTAの代表作 桑原裕子 原作『ひとよ』が2019年11月8日(金)より全国の映画館にて公開されます!
桑原裕子・成清正紀はじめKAKUTAメンバーも出演しております。
どうぞご期待ください!
ーーー

映画『ひとよ 一夜』

監督:白石和彌
原作:桑原裕子「ひとよ」
脚本:高橋泉
企画・制作:ROBOT
製作幹事 配給:日活
hitoyo-movie.jp
【らぶゆ】当日券、当日引換券について

KAKUTA「らぶゆ」当日券、当日引換券についてご案内いたします。

 

 

■当日券について

当日券は毎回販売いたします。

開演の45分前より、本多劇場ロビー受付にて販売予定です。

価格は前売り券と同様です。

一般 5,500円(サービスデーは5,200円)

U-24 3,500円※要年齢確認書類提示

 

また、KAKUTAwebサイトにて【各公演開演の3時間前】まで、当日もWeb予約を受付ております。

どうぞご利用ください。

 

■当日引換券について

ぴあ、イープラスにて、「当日引換券」を販売中です。

チケットぴあ https://t.pia.jp/pia/search_all.do?kw=KAKUTA

イープラス  https://eplus.jp/sf/detail/2021400001

 

公演当日会場にて開演45分前より座席指定券と引換え。

2名以上は、並びの席が用意できない場合がございます。

こちらもご利用ください。

 

ご来場をお待ちしております。

 

6/1 KAKUTA制作部

【らぶゆ】上演時間&車いす席&お祝い花について

KAKUTA「らぶゆ」、初日がいよいよせまってきました。
制作部より上演時間&車いす席&お祝い花についてご案内いたします。

 

■上演時間予定
2時間40分(途中休憩時間10分あり)
※あくまでも予定となります。ご了承ください。

 

■車いすのお客様へ

車いすでご来場予定のお客様は、スペースに限りがございますので事前に本多劇場または劇団までご連絡いただきますようお願いいたします。

劇団携帯 090-6311-1996

 

■お祝い花について
スタンド、アレンジメント共にロビーに飾ることができます。

スタンドの場合、もし可能でしたらスタンドを引き取っていただける業者様に発注をお願いいたします。
受取ができる日時は下記の通りです。

【お祝い花受け取り日時】
6月1日(土)16時〜20時

 

皆様にお会いできるのを劇場にてお待ちしております。

 

5/31 KAKUTA制作部

桑原裕子『荒れ野』、第70回読売文学賞を受賞!

この度、第70回読売文学賞(読売新聞社主催)におきまして、KAKUTA主宰である桑原裕子 作の『荒れ野』が戯曲・シナリオ賞を受賞いたしました。


本作は2017年、「穂の国とよはし芸術劇場PLATプロデュース」作品として上演されたものです。KAKUTAの作品ではありませんが、劇団員一同この快挙に大きな喜びを感じております。
関係者ならびに支えてくださった全ての皆様に劇団としても深く感謝申し上げます。

 

劇団本格再始動のタイミングでの受賞を強力な激励ととらえ、6月に控える本公演、そしてその先の作品作りに邁進していきますので、今後のKAKUTAにぜひご期待ください。

 

 

■リンク(読売新聞社のサイト)

KAKUTAから新年のごあいさつ

新年あけましておめでとうございます。

たっぷりの充電と準備を重ねて迎えた2019年。

KAKUTAは再始動いたします!

本年もどうぞ宜しくお願いいたします!

KAKUTAサマージャンボリー2018 終了!

2018年7月に実施いたしましたWeb企画

KAKUTAサマージャンボリー2018 ”ただいま”」は
8月1日の最終記事をもちまして終了いたしました。

 

ご愛読いただきましてどうもありがとうございました。