News & Topics

『往転』ご観劇予定のみなさまへ

いつもKAKUTAを応援してくださり、ありがとうございます。
わたしたちはいま、KAKUTA presents Monkey Biz #1として『往転(オウテン)』を上演しています。

その一方で、新型コロナウィルス感染症によって、さまざまなイベントが中止になるといった事態も起こっています。

そうしたなかで、わたしたちも何らかの表明をする必要があると考えました。

現時点においては、わたしたちは感染のリスクに細心の注意を払いながら、公演を続けたいと考えています。
つきましては、お客様には不便ではありますが、以下のようなご協力をお願いします。

 

■可能な限りでのマスクの着用のお願い
現在、マスク自体が品薄ではありますが、可能な限りで構いませんので、マスクの着用をお願いします。

 

■咳やくしゃみのエチケットについて
咳やくしゃみについては、この状況下で敏感に反応される方もおります。どうかエチケットにご協力をお願いします。

 

■消毒液の設置について
劇場にハンドジェルを設置しました。お手洗いの際などには、こちらを利用して消毒を行ってください。

 

■スタッフのマスク着用について
劇場スタッフはマスク着用での対応とさせてください。お聞き苦しい点があるかもしれませんが、どうかご了承ください。

このような状況下ではありますが、一人でも多くのお客様と劇場でお会いできることを楽しみにしています。

 

 

Monkey Biz 代表
KAKUTA団長
成清正紀

【往転】当日券および当日引換券について

KAKUTA制作部より『往転』の当日券および当日引換券についてご案内します。

 

■当日券について

KAKUTAでは毎公演とも当日券をご用意しております。

開演1時間前より本多劇場の受付にて承ります。

価格は前売と同じく、

・一般5,800円

・サービスデー5,500円

・U-24(24歳以下)3,500円

となっております。

また、KAKUTAのwebサイトでは、各公演開演の3時間前まで、Web予約を受付ております。

どうぞそちらもご利用ください。

 

■当日引換券について

チケットぴあにて「当日引換券」を販売しております。

・チケットぴあ(https://t.pia.jp/

当日引換券は公演1時間前から座席指定券と引き換えいたします。

2名様以上のお客様につきましては、並びのお席にご案内いただけない場合がございますので、ご了承ください。

 

劇場にてお会いできることを楽しみにしております。

【往転】上演時間・お祝い花・車いす席についてのご案内

公演に先立ちまして、KAKUTA制作部から上演時間・お祝い花・車いす席についてご案内いたします。

 

■上演時間について

上演時間は約2時間20分を予定しております。

※こちらはあくまでも目安の時間となります。

 

■お祝い花について
スタンド花・アレンジメント花はロビーに飾らせていただきます。

スタンド花につきましては、お手数ですが、スタンドを引き取っていただける業者様に発注をお願いいたします。

 

■車いす席について

車いすでご来場になる場合には、お手数ですが、あらかじめ劇団へのご連絡(090-6311-1996)をお願いいたします。

 

以上の点について、ご了承のほど、よろしくお願いいたします。

『往転(オウテン)』特設ページ公開中!

『往転』特設ページを公開しました!

Web特別企画もございます。みなさまぜひご覧ください!

 

【こちらからご覧ください!】
 

【チケット発売開始】Monkey Biz #1『往転(オウテン)』

KAKUTAの新たな挑戦!
豪華ゲストを迎えた初めてのプロデュース公演『Monkey Biz』第1弾!!

 

このたびKAKUTAはプロデュース公演として『往転(オウテン)』を上演いたします。

 

2011年に桑原裕子が執筆、青木豪 氏が演出し、世田谷パブリックシアタープロデュースとして上演し話題を呼んだ『往転』。
第56回岸田國士戯曲賞、第15回鶴屋南北戯曲賞の最終候補にもなった珠玉の作品を桑原裕子自身が初演出します。

 

みなさま、ぜひご期待ください!

 

----------------------------------------------

下北沢演劇祭参加作品

KAKUTA presents
Monkey Biz #1

『往転(オウテン)』


作・演出 桑原裕子


2020年2月20日(木)〜3月1日(日)

@下北沢本多劇場

----------------------------------------------

2019年1月10日チケット発売!!


a>

 

■ストーリー
その夜、《福島・仙台ゆき》の長距離バスに乗っていたのは、運転手合わせ7名。彼らは新宿バスターミナルを真夜中に出発し、朝にはそれぞれの町へ到着しているはずだった。
だが、そのバスは横転事故を起こし、雨嵐吹く山の中へと放り出された。乗車していた者たちのうち2名が死亡、3名が重軽傷。そして残る2名は、未だ行方不明のままである――

同じバスに乗り合わせた人々を巡る複数のストーリーが、《事故前》と《事故後》、交錯する時間のなかで絡み合う。 痛みを抱いて「往く者」たちに贈る人間ドラマ

 

■CAST
峯村リエ
入江雅人

 

小島聖
米村亮太朗

 

異儀田夏葉
多田香織
置田浩紳
森崎健康
吉田紗也美

 

長村航希

 

成清正紀
岡まゆみ

 

■チケット料金(全席指定)
当日・前売 5,800円(税込)
サービスデー 5,500円(税込)
U-24 3,500円(税込)

 

■タイムテーブル

『往転(オウテン)』劇団先行Web予約のお知らせ

このたび、次回公演『往転』 の先行予約を受付することとなりました。
ぜひこの機会をご利用ください!

 [公演情報はこちら]

■劇団最速先行予約(グッズ付)申込み受付期間

  2019年12月7日(土)12:00〜17日(火)18:00

  • 予約は【抽選】となります。
    お申込順は抽選結果・座席番号には関わりません。
    受付期間中にお申し込みください。
  • 劇団より先行予約いただいた方にはもれなく特典をプレゼントいたします。

 

■受付ページ

<<先行予約受付は終了しました。一般発売は1月10日からとなります。>>

 

■抽選結果配信

2019年12月19日(木)

※当落関わらずお申込みいただいたすべての方にお知らせいたします 。

■チケット料金(全席指定/税込)

当日・前売 5,800円
サービスデー 5,500円
U-24 3,500円(24歳以下)※受付にて年齢確認あり

【お申込みに際する注意事項】

○お申込みの際は、下記に同意頂いたものとさせていただきます。

  • 本予約は【抽選】となります。焦らず、 受付期間中にお申し込みくださいませ。
    お申込順は抽選結果・座席番号には関わりません。
    最速先行受付期間中は、お申し込み内容の変更・キャンセル等、 フォーム内の変更/ キャンセルボタンからご自身で行っていただく事が可能です。
    当選後のキャンセルやお申込み内容の変更、期間外のご入金等は、 いかなる事情でもお受けいたしません。
  • お申し込み後、3日以内に自動返信メールが届かない場合はinfo@papageno-net.comまでお知らせください。
  • 今回の先行予約では、枚数制限は設けません。 複数日程をお申し込みの場合は、 それぞれ1回ずつご入力いただく形となります。 申込みの回数制限も設けませんが、 当選された際に確実に参加可能な公演及び枚数にてお申し込みください。
    ご当選されたものは全てご入金いただきますので、 予めご注意ください。
  • yahooメール、hotmail等の無料メールは、 返信メールが届かない場合がございますので、 ご使用をお控えください。

○予約確認メールの通数が、 お客様がお申込みになりましたご予約の通数となります。

-----------------------------------------------
お問合せ
パパゲーノ info@papageno-net.com
-----------------------------------------------

新会社設立のご挨拶

寒い日が続きますね。
KAKUTAが活動再開した今年の始めから、早いものでもう一年が経とうとしています。
みなさまお元気にしていらっしゃいますか?

 

ご報告があります。
この度、KAKUTA団長であるわたくし成清は「Monkey  Biz」という合同会社を立ち上げました。今後のKAKUTAの企画・製作はこの「Monkey  biz」が行うこととなります。

念願の劇団法人化ということになりますが、今までと変わらずみなさまに愛される劇団創作に取り組んでいきながら、「サル」のように貪欲に新しい挑戦をし、みなさまの心にたくさんの引っ掻き傷を残したいと思っています!
今後とも劇団KAKUTAとMonkey  Bizをどうぞよろしくお願いします。

 

KAKUTA
Monkey Biz 代表
成清正紀

桑原裕子原作・映画『ひとよ』絶賛公開中!

桑原裕子原作の映画『ひとよ』が公開となりました!

白石和彌監督のもと、佐藤健さん・鈴木亮平さん・松岡茉優さん・田中裕子さんといった豪華キャスト陣を迎えて、KAKUTAの代表作である当作品が、どのように生まれ変わっているか映画館でご覧いただければ幸いです。

みなさまぜひ足をお運びください。

 

https://hitoyo-movie.jp/